通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > ソフト > 処理方法
マイクロカーネル
辞書:電算用語の基礎知識 計算機OS機能編 (TCOS)
読み:マイクロカーネル
外語:micro kernel
品詞:名詞

オペレーティングシステム(OS)の機能のうち、必要最小限のみをカーネル空間内に置き、それ以外をユーザー空間に置く、カーネルの設計思想。

目次
概要

旧来の、全ての機能が一枚岩になったモノリシックカーネルと比較すると、カーネル自体の規模を抑えて簡素化できる。

カーネルが受け持つのは、メモリー管理、プロセス管理、プロセス間通信などに限り、それら以外でOSとして必要なサービスは、システムサーバーと呼ばれるプロセスをユーザー空間で動作させることで提供する。

明確にモジュール化が行なわれるため全体として見通しが良い設計となるが、あらゆる場面でプロセス間通信が必要となることから、プロセス間通信によるオーバーヘッドが問題となる。

主な実装
Mach

ごく初期に開発されたもの。マイクロカーネル化されたのはMach 3.0からであり、元々マイクロカーネルとして設計されたわけではなかった。

このため、中途半端に巨大なマイクロカーネルであるとされている。次のようなOSで採用された(ABC順)。

ただし、Mac OS Xの実装はマイクロカーネルではない。

L4

Machにある様々な問題を解決することを目指した、第二世代マイクロカーネル。

徹底的なマイクロ化を進める一方、高速なメッセージ通信を実装することでパフォーマンスをも追求した。

QUALCOMMのリアルタイムOS「REX OS」のベースとして広く普及している。

GNU Hurd

UNIX互換のマイクロカーネルとして立案、開発が始まったが、完成しなかった。

現在公開されているHurdはカーネルではなく、Mach上で動作するサーバーである。

BeOS

独自のマイクロカーネルを実装したGUI OSで、元々はPowerPC搭載機で動作し、その後PC/AT互換機に移植された。

リンク
用語の所属
カーネル
関連する用語
モノリシックカーネル

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic