通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > ソフト > システム > API・BIOS・ドライバー > BIOS
電子計算機 > 機器・部品 > 記憶装置 > ディスク > 磁気ディスク > 関連用語
28ビットLBA
辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・物理編 (TTDISKP)
読み:にじゅうはちビット-エルビーエイ
外語:28bitLBA: 28bit Logical Block Address
品詞:名詞

E-IDEから導入されたLBAの実装の一つ。

目次
概要

LBAとして、最初に実装されたものである。

従来のIDE(ATA)では、仕様上シリンダー(C)に16ビット、ヘッド(H)に4ビット、セクター(S)に8ビットの計28ビットがアドレッシング用に用意されていた。

この区分を辞め、この全ビットをLBAとして使えば、理論上は512バイト/セクター×228セクターで、最大約137Gバイト(128Giバイト)のドライブにアクセスできる。

そこで、実際に、そのようにして使うことにしたのが、28ビットLBAである。

特徴
必須環境

いくらディスクドライブのアドレッシングが大容量に対応しても、オペレーティングシステム(OS)の対応や大容量に対応したファイルシステムなどが無ければ、大容量を扱うことはできない。

具体的には、次の全てが必要である。

現在一般的な32ビットOSや64ビットOSは、実際には拡張INT13などのBIOSは使用していない。しかし、OSを起動させるブートローダーが使っているため、必須となる。

対応OS

Microsoft Windowsの場合、FAT32に対応したMicrosoft Windows 95 OSR2以降で利用可能である。

Windows NTNTFSでも大容量ドライブは扱えるが、最初のパーティションは約8.4Gバイト(7.8Giバイト)以内という別種の制限があるので注意が必要(Windows 2000以降で解消)。

他のOSでは、Linuxは古くから対応したが正式には2.0.34以降、FreeBSDは2.2.8以降で、LBAに対応した。

後継

28ビットLBAは、ディスクドライブ側の変更を最小限にするための仕様であった。

この後継は、ディスクドライブ側の新たな対応を含めた、48ビットLBAである。

リンク
用語の所属
LBA
関連する用語
拡張INT13
IDE
E-IDE

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic