通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 製品(商品名・型番) > パソコン
MSX
辞書:電算用語の基礎知識 計算機固有名詞編 (TCPROD)
読み:エムエスエックス
外語:MSX: MicroSoft X
品詞:商品名

MSXシリーズの初代。後続機を併せた総称としてのMSXと区別するためMSX1やMSX(1)などとも呼ばれるが、正式名称は単にMSXである。

目次
仕様
部品まわり

主要部品は次の通り。

これらを制御するために、専用のBASIC言語としてMSX BASIC Ver 1.0が用意された。

メモリー関連

RAM容量は8Kiバイト、16Kiバイト、32Kiバイト、64Kiバイトからの選択である。

BASICからは32Kiバイトまでしか利用できないため、BASICしか使わない場合は32Kiバイトあれば充分だが、MSX-DOSを利用するためには64Kiバイトが必須となる。

I/O

ジョイスティックおよびマウス接続用に、ATARI仕様DB9(D-sub 9ピン)端子が用意された。

これはNECのPC-8800シリーズなどと同仕様で、MSX用マウスを88で使うこともできた。

ちなみに最大2個までのジョイスティック端子は、内部でPSGであるAY-3-8910の汎用I/Oポートへと接続される。

CPUクロック

CPUのZ80AはNTSCの色副搬送波周波数3.579545MHzで動かしている。

しかし遅かったため、機種により高速な互換CPUであるHD64180が使われたものもあった。

リンク
属する技術
パーソナルコンピューター
MSX (総称)
関連するハードウェア
Z80
TMS9918
AY-3-8910
HD64180
関連するソフトウェア
MSX BASIC
該当する製品
MX-10
PASOPIA IQ

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic