通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 機器・部品 > 入出力装置 > 方式
SMIT
辞書:電算用語の基礎知識 技術演算器編 (TTCPU)
読み:サミット
外語:SMIT: Suspended Memory-mapped I/O Transfer
品詞:名詞

PC-9800シリーズの時代、SCSIの転送方式の一つとして使われたもの。

目次
概要

DMAFIFOバスマスターに続いて登場した、第4の転送方式である。

転送データはSCSIボード上のFIFOバッファーを経由して本体CPUへと渡される。

FIFO転送に似ているが、大きな違いは通常のFIFOがCPUのI/O空間に繋がれI/Oストリング命令を使うのに対し、SMITではFIFOバッファーがメモリーにマッピングされメモリーマップドI/Oを用いる点である。

よって、SMITではメモリーマップドI/O転送によりデータの転送を行なうことができる。

特徴

主体がFIFOと同じくCPUであるため、バスマスターのようにバス占有による不都合が生じる事がない。また16Miバイト以上のアドレスへの直接転送も可能なため、16Miバイト以上のメモリーを積んでいても問題無く利用できる。

更に、通常のFIFOのようにI/Oポートを使うよりも高速な転送が行なえ、外部DMAを使うバスマスターよりも高速動作させることもできる。

リンク
関連する用語
DMA
FIFO
バスマスター
I/Oポート

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic