通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > 用語・俗語 > 悪用方法・詐欺
ウェブビーコン
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術安全編 (CTSEC)
読み:ウェブビーコン
外語:web beacon
品詞:名詞

ウェブバグ(web bug)とも呼ばれる、個人情報収集手段の一つ。だが、既に過去の技術ともされている。

目次
概要

Webサイトあるいは電子メールのHTML中にimg要素やiframe要素などで画像を表示するように書き込んでおく。

この時の呼出先は、実際には画像ファイルではなくCGIであることが多い。

そしてこの時に呼び出すURLには、呼出者の識別ができるような符号(番号や電子メールアドレス等)を、引数として付け加えておく。

用いる画像は1ドット×1ドットの目立たない小型のものを使うこともあるが、Webサーバーを呼び出せれば何でも良いため、大型の画像を用いることもある。

目的

こうすることにより、画像表示可能なWebブラウザーや電子メールクライアント(MUA)でそのページを表示した時に、どの閲覧者によって閲覧されたのかを、Webサーバー側が認識することができる。

Webページにウェブビーコンを仕掛けた場合は、誰がどのページを閲覧したのかを確実に認識でき、閲覧行動の測定が可能である。

電子メールにウェブビーコンを仕掛けた場合は、そのメールがきちんと閲覧されているかを確認でき、もってスパムの送り先としてそのメールアドレスは有効、今後もどんどんスパムを送るべき先だ、と判断される。

リンク
関連する用語
Webサイト
電子メール
スパム

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic