通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > セキュリティ > 防御
ファイアウォール
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術安全編 (CTSEC)
読み:ファイアウォール
外語:fire wall
品詞:名詞

防火壁。不正なアクセスを防ぐ目的で設けられたゲートウェイのこと。

目次
概要

二つのネットワーク、例えばLANインターネットの中間に入ることで、外部からの不正な侵入を防ぎ、許可されたデータのみがこの壁を通過する事ができる。

簡単なものでは、通過させるIPアドレス通信プロトコルポート番号ルーターに設定するというもので、それに合致しないパケットは通さない。

構成
OSの機能を利用

一般的なものは、FreeBSDなどのシステムのファイアウォール機能を用いたものである。

ネットワークカードを複数枚挿し、片方にインターネット、もう片方にLANを繋げて双方のネットワークを完全に分離させ、このコンピューター上でソフトウェアを動作させることで双方の橋渡し(ルーティング)をし、コンピューターセキュリティを確保する。

どのプロトコル階層で動作するかは、動作させるソフトウェアによる。

境界ネットワーク

最も大がかりなものとしては、インターネットとLANの境界にそれぞれにルーターを装備し、その二つのルーターに挟む形で小規模なネットワークを作る方法である。

これは境界ネットワークと呼ばれ、そこに要塞ホストと呼ばれる監視コンピューターを用意しておくことで、セキュリティを大幅に向上させることができる。

但しこれは規模が大きい分コストも多く掛かる。

実装
リンク
用語の所属
FW
関連する用語
LAN
インターネット
IPアドレス
ルーター
DMZ
SOCKS
要塞ホスト
ファイアウォール
IDS
Failover

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic