通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > 無線交信 > 無線工学 > 電波 > 電波帯域 > 周波数による分類
5GHz帯 (無線LAN)
辞書:通信用語の基礎知識 無線技術物理層編 (WCPMD)
読み:ごギガヘルツたい
外語:5GHz band
品詞:名詞

5GHz周辺の周波数帯(5GHz帯)で、無線LAN用として使われている帯域の一つ。

目次
概要

無線LANに供することを目的に、出力が微弱であれば免許なく利用できる周波数帯として用意された。

日本では、条件付きで次の帯域が無線LAN用に確保されている。

  1. 5.15〜5.25GHz (屋内のみ)
  2. 5.25〜5.35GHz (屋内のみ)
  3. 5.47〜5.725GHz (屋内外で利用可)

最初は一つ目のみだったが、要望に対応して後の二つが開放された。

但し、5.25〜5.35GHzの帯域は気象レーダーなどで用いられている帯域と共用となる。

特徴
必要機能

追加された帯域は、気象レーダーなどで用いられている帯域と共用となるため、次のような機能が必要となる。これはIEEE 802.11hで規定されている。

つまり、空きチャンネルを探し、電波出力は適切に調整して、混信を避ける、ということである。当たり前の機能ともいえる。

DFSは親局の許可なしに電波を利用することができないため、この帯域を使う場合は原則としてアドホックモードが利用できない。

使用例

主な使用例は、次の通り(順不同)。なお、IEEE 802.11jの無線局は登録が必要である。

制限等

5GHz帯の屋内での使用の場合、電波は見通し距離でしか到達しない。

障害物さえなければ到達距離は伸びるが、屋内の場合、扉越しならともかく、壁越しはかなり難しい。

リンク
用語の所属
5GHz帯
関連する用語
周波数
2.4GHz帯

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic