通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > システム > 放送 > 画像放送(テレビジョン) > 信号・技術
ATVEF
辞書:通信用語の基礎知識 無線・業務放送技術編 (WBCASTT)
読み:エイティーヴィーイーエフ
外語:ATVEF: Advanced Television Enhancement Forum
品詞:団体組織名

先進テレビ拡張フォーラム。地上アナログテレビジョン放送垂直帰線消去期間(VBI)を利用して情報を配信する仕様を策定する業界団体。及びここで規定された規格。

概要

1998(平成10)年7月にソニー、CNN、Microsoft、WebTV、NCI、日立製作所等、日米の家電や放送、コンピューター企業が集まって設立された。

TCP/IPマルチキャスト技術を応用しており、有線/無線や、ディジタル/アナログなどの放送形式に関係なく情報の配信が可能。この仕様ではHTML形式で情報配信するが、その仕様はHTML 4.0CSS1ECMAScriptDOMをベースとしている。

日本初のATVEF仕様の番組は1998(平成10)年12月19日15:00(@291)〜16:54に毎日放送(JNN系列)で放送された「アメリカンフットボール東西大学王座決定戦第53回毎日甲子園ボウル」だった。

リンク
用語の所属
テレビ
関連する用語
垂直帰線消去期間

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic