通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > プロトコル > 階層分類 > 上位層 > 制御
ECHO
辞書:通信用語の基礎知識 通信手順上編 (CPINFO)
読み:エコー
外語:echo
品詞:名詞

入力された文字を、そのまま送り返すサービスで使われる通信プロトコル

目次
概要

7/tcp又は7/udpのポートを利用する。

仕様は、RFC 862(STD 20)に簡潔に記載されている。

特徴
機能

TELNETと同様のシンプルなプロトコルで、与えられた文字をそのままエコーバックする。

ネットワークのテストなどに使われる。

注意点

このサービスを利用したDoSの存在が知られている。

UDPの場合、ソースアドレス偽造が簡単であるため、ECHOとCHARGENをループさせてトラッフックを飽和させる、という攻撃が生まれた。

実際に過去、今はなきMCIがこの攻撃に遭い、バックボーンが麻痺するという事件が起きている。

これを教訓とし、不要なサービスは止めるかフィルタリングをすることが、セキュリティの基本となったのである。

実装

UNIX互換OSの場合、基本的にはechodなどのプログラムがあるわけではなく、inetdが内部に機能として持っている。

最近では、セキュリティ対策の一環として、必要のないサービスは停止して外部からの侵入口を減らすことが多い。このサービスは殆ど使われないという理由で、真っ先に停止させられる代表となっている。

通常のinetdの場合、設定は「/etc/inetd.conf」にて行なわれる。

リンク
用語の所属
通信プロトコル
ウェルノウンポート
関連する用語
DISCARD
CHARGEN
inetd

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic