通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電話 > システム・網 > 設備・装置・網 > 加入者設備 > FAX(ファクシミリ)
電話 > システム・網 > 設備・装置・網 > プロトコル > FAX
G3
辞書:通信用語の基礎知識 固定電話技術編 (WTELFT)
読み:ジースリー
外語:G3: Group3 Facsimile
品詞:名詞

ファクシミリの種別として定義される、四種類の装置の一つ。

目次
概要

CCITT(現在のITU-T)が規定したG1、G2、G3、G4の標準規格中で、最もよく使われている。

特徴
解像度等

紙の縦方向と横方向を共に100dpiで走査する。

伝送する際、画像はMH符号圧縮され、A4サイズで1枚あたり平均20秒(23cBeat)程度で送信できるようにする。

プロトコル

最初の規格では、信号伝送速度は9,600bps(V.29)だった。その後、通信速度は14400bps(V.17)に引き上げられた。

但し、家庭用の機種での対応例は少なく、対応は主として業務用機が多かった。

圧縮

より新しい機種では、ECMというMNP5相当の誤り訂正/データ圧縮の規格が加わり、G3/ECM対応機同士ならA4文書1枚を6秒(7cBeat)〜8秒(9cBeat)程度で送信可能である。

また、キヤノンのFAXはECMを独自拡張したGENESISモードを備え、GENESIS対応機同士ならA4文書1枚を3秒(3cBeat)〜4秒(5cBeat)程度で送信することができた。

拡張規格

伝送プロトコルにITU-T V.34/ITU-T V.8を採用した33.6kbpsモデムを搭載した「Super G3」がある。

業務用機などで採用されていることが多い。

最速時でA4文書1枚が2秒(2cBeat)程度で送信出来る。

リンク
用語の所属
ファクシミリ
ITU-T勧告
関連する用語
Super G3
MH符号
MR符号
ECM
G4

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic