通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > プロトコル > 標準・勧告 > IEEE > IEEE 802 > IEEE 802.16
IEEE 802.16-2004
辞書:通信用語の基礎知識 無線技術物理層編 (WCPMD)
読み:アイトリプルイーはちゼロにーてんいちろく-にせんよん
外語:IEEE 802.16-2004
品詞:名詞,団体組織名

2〜11GHz帯の周波数帯を利用した、FWA用無線MAN規格。

目次
概要

IEEE 802.16の最初の改訂版。

IEEE 802.16a/IEEE 802.16cを吸収し、開発中で廃案となったIEEE 802.16dの特徴を生かして作られた。これに伴い、16aと16cは廃止されている。

特徴
旧仕様との差

当初のIEEE 802.16は10〜66GHz帯という高周波を用いていた。IEEE 802.16aで2〜11GHz帯となり、このIEEE 802.16-2004もその仕様を継承した。

IEEE 802.16-2004では変調方式を増やし、次に対応している。

性能

最大通信距離は約30マイル(48.0km)である。

占有帯域幅が二種類規定されており、それぞれの最大伝送速度は次の通り。

日本の場合、UQ WiMAXには30MHz幅が割り当てられたことから、これを三つに分け、一端末あたり10MHzで最大40Mbpsでの通信を可能としている。

リンク
用語の所属
IEEE
IEEE 802
IEEE 802.16
関連する用語
IEEE 802.16-2009
IEEE 802.16d

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic