通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 符号 > 文字 > 符号 > 文字集合(CCS)
ISO/IEC 10646:2011
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術文字集合編 (CTCHRS)
読み:アイエスオウ-アイイースィー-いちゼロろくよんろく-にせんじゅういち
外語:ISO/IEC 10646:2011
品詞:固有名詞

ISO/IEC 10646の2011(平成23)年版。2011(平成23)年5月2日に発行された。

目次
概要
変更点

ISO/IEC 10646:2003から約8年ぶりの更新となる。

Unicodeとして実用化と普及が進んだ時期に発行された、それまでのISO/IEC 10646:2003とその全てのAmendmentを統合し、さらにいくつかの改良を加えた版である。

ISO/IEC 10646:2003は、最初のISO/IEC 10646の色を残していた。このISO/IEC 10646:2011では初期のISO/IEC 10646の色を一掃し、完全にUnicode色に染める改訂がなされた。これにより、ISO/IEC 10646:2011は実質的にUnicode 6.0.0相当である。

この仕様で、BMP/SMP/SIP/TIP/SSPの全てを規定する。

沿革
特記点

この版で特記すべき点は、次の通りである。

ISO/IEC 10646はもはや、実質的にUnicodeとしてしか機能していない。このため初期に標榜された、Unicodeを含む上位仕様という概念を削除することで、ISO/IEC 10646をUnicodeにするのが柱となっている。

Level 1/2の実装が廃止されたことから、サロゲートペアの処理や、合成文字の処理も、Unicodeに準じて処理することが求められる。

特徴

合計で109,379字が収録されている。

Unicode 6.0.0のほぼ全ての字が収録されており、日本向けには、CJK統合漢字拡張Dとケータイ絵文字の対応が国際規格化されたことが大きい。また、Adobe-Japan1-6の漢字も、CID+20156以外の全てが符号化されたようである。

リンク
関連するリンク
http://standards.iso.org/ittf/PubliclyAvailableStandards/c051273_ISO_IEC_10646_2011%28E%29.zip
用語の所属
文字コード
ISO/IEC 10646
関連する用語
Unicode
ISO/IEC 10646:2003
ISO/IEC 10646:2012

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic