通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 符号 > 文字 > 符号 > コード化技術
補助特殊用途面
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術文字用語編 (CTCHRY)
読み:ほじょ-とくしゅようとめん
外語:SSP: Supplementary Special-purpose Plane
品詞:名詞

UnicodeおよびISO/IEC 10646の第14面のこと。英語を略して「SSP」という。

目次
概要

特殊な用途に使われる記号や文字等を格納する領域。

文字番号は、U+E0000〜U+EFFFFである。

特徴
沿革
リビジョン
符号化

この面は、UTF-8UTF-16UTF-32のいずれの符号においても、4オクテットとなる。

収載文字

Unicode 5.2.0までで、利用可能な文字の種類は次のとおりである。

Unicodeマップ

Unicode 5.2.0までで割り当てが決まったものと、それ以降の登録が提案中のものは、次の通り。

UCS (16進)用途追加版
E0000〜E007Fタグ3.1
E0080〜E00FF(( 空き領域 ))
E0100〜E01EF異体字セレクター4.0.0
E01F0〜EFFFF(( 空き領域 ))
リンク
関連するリンク
Roadmap to the SSP
用語の所属
ISO/IEC 10646
Unicode
関連する用語
サロゲート
UTF-16
基本多言語面
補助漢字面
補助多言語面
TIP

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic