通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > プロトコル > 階層分類 > 上位層 > 情報伝送・メッセージ
通信 > 装置・設備 > 無線 > 近距離通信 > 赤外線
IrCOMM
辞書:通信用語の基礎知識 通信手順上編 (CPINFO)
読み:アイアーコム
外語:IrCOMM: Infrared Communications Protocol
品詞:固有名詞

IrDAで、通信ケーブルを模して互いに情報交換をするための規格。

目次
概要

赤外線通信で、RS-232Cシリアルポートをエミュレーションするためのプロトコルである。

これにより、従来の有線によるデータ転送をそのまま赤外線に置きかえることが可能となる。

特徴
機能

IrCOMMはアプリケーションに対し「仮想シリアルポート」を提供し、旧来のシリアルポートを使用したアプリケーションをIrDAへ移行させることを容易にする。

RS-232Cのうち、DB9(D-sub 9ピン)にある信号は網羅される。

レイヤー

IrCOMMはセッション層(レイヤー5)のプロトコルで、概ね上から下に、次のような階層構造で実装される。

用途

IrCOMMの上で、さまざまなアプリケーションが動作する。

例えば、赤外線を利用してプリンターで印刷したり、モデムを接続したりといった用途がある。携帯電話機であれば、IrMCよりも更に多機能な情報交換などに利用できる。

またNTTのICカード対応ISDN公衆電話もIrCOMMに対応しており、対応携帯端末をISDNのTAとして利用することができる。

派生

IrCOMMは汎用性の高い機構であり、赤外線通信以外でも使われている。

例えばBluetoothでは、ほぼ同じ機能を持つプロトコルRFCOMMとして利用されている。

リンク
用語の所属
通信プロトコル
IrDA
関連する用語
IrMC
IrOBEX
RFCOMM

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic