通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ビタミンK

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・ビタミン編 (NSUBNV)
読み:ビタミンケイ
外語:Vitamin K 英語
品詞:名詞
2001/03/23 作成
2010/10/19 更新

ビタミンの一つで、脂溶性ビタミン。血流凝固や骨の維持などの働きがある。

ビタミンKは多種ある。

K1、K2は腸内菌で作られることもある。

ビタミンK3は人工合成で作られる。過剰摂取(500µg以上)は赤血球を破壊して貧血の原因となることがある。

性質

耐熱、耐アルカリ。

ビタミンであり必須であるが、摂れば良いというものでもない。摂取過多は有害で、許容上限摂取量は成人男子で30mgとされる。

欠乏症

ビタミンKは、ドイツ語のKoagulation(凝固)の頭文字から付けられた。

名前の通り、血液凝固因子をつくるために必須のビタミンで、欠乏すると、血圧凝固時間の延長、出血性疾患(K欠乏性頭蓋内出血)、大腸炎などを発症する。

自然食品に充分含まれているため、成人であれば、余程の偏食がない限りは欠乏することはない。但し母乳中のビタミンK含有量は少ないため、母乳栄養児で欠乏症を起こしやすい。乳児の場合は注意が必要である。

しかし現在では、全国的に生後1週以内と1ヶ月健診時にビタミンKの予防内服が実施されており、母乳栄養児でもビタミンK欠乏症を発症することは非常に稀になっている。

含有する食品

納豆、クロレラ、青汁、あまのり、生わかめ、ひじき、ヨーグルトブロッコリー、青葱、レバーなどに含有する。

用語の所属
ビタミン
VK
関連する用語
ビタミンK1
ビタミンK2

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club