通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

レベル2 SIMロック

辞書:通信用語の基礎知識 電話情報編 (WTELI)
読み:レベルトゥー・シムロック
読み:レベルに・シムロック
品詞:名詞
2011/06/24 作成
2014/09/28 更新

au端末に存在する、業界最悪の二重SIMロックのこと。

SIMロックには、通常のレベルのSIMロックと、「レベル2 SIMロック」と呼ばれる制限の強いSIMロックが存在する。

レベル2 SIMロックは、端末内にSIMのIDを記憶し、それ以外のUIMカード(SIMカード)を拒絶する機能である。このため、家族全員で同じキャリアであったとしても、家族の端末を借りて自分のSIMを入れて使う、あるいは家族共用予備機を持つ、といったことができない。

このようなSIMロックを採用しているのは、日本ではauのみで、また解除には2,100円もの手数料を要求している。

由来

かつてauのCDMA 1Xは、SIMカードに対応しておらず、ケーブルを接続して端末内の不揮発性メモリーに電話番号を書き込む作業をしていた。

後にau端末もSIMカードに対応するようになるが、SIMカード内の電話番号を読み取って従来通り端末内の不揮発性メモリーに書き込むという対応となった。

このような対応であったため、SIMカードが抜き取られても電話機内に電話番号が残ってしまうという問題が生じた。自由に差し替えて電話番号の書き換え出来ると、同じ番号の電話機がたくさん出来てしまうことになる。

そこでauは、他社と同様の不揮発性メモリーに保存しないという選択ではなく、同じ番号の電話機がたくさん出来ないようにSIMを差し替えても電話番号が上書きされないようにした。これが、レベル2 SIMロックの由来である。

解除

解除はauショップで可能。手続きも簡単である。

この目的としては「紛失や盗難時のセキュリティ保護のため」とされているが、実際の効果は疑問視されている。

ただ、レベル2 SIMロックがあるため、もし店頭から盗まれた場合でも使うためには店に持ち込む必要があり足が付きやすい。これが恐らくは真の目的であり、このためauだけはショップに端末強盗が入る事はなく、また白ROMも安い。

関連する用語

SIMロック
白ROM

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01c (3-Aug-2016)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club