通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
人文科学・芸術 > 芸術美術 > 視覚芸術・ビジュアルアート > 写真 > カメラ > デジタルカメラ
EOS 40D
辞書:文化用語の基礎知識 芸術・視覚編 (LAVART)
読み:イオス-よんまるディー
外語:EOS 40D
品詞:商品名

キヤノンのディジタル一眼レフカメラの一機種。EOSシリーズの機種であり、同社のラインナップではミドルクラスに位置する。

目次
機種情報
特徴
発売日等
機能

前機種「EOS 30D」に対する後継機である。次のような機能を特徴としている。

後継は「EOS 50D」である。

レンズキット

カメラ本体に、レンズをセットして販売するものをレンズキットという。

次の各レンズとのセットモデルが用意された。

  1. EF-S17-85mm F4-5.6 IS USM
  2. EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS

廉価な方の18-55は、以前あった、USMだがIS(手ブレ補正機構)のないレンズの後継品。ISが付いた代わり、USMではなくなった。

高級な方の17-85は、前の30Dと同じ。

振動問題

初期には、シャッターを切った直後に振動するという問題が発生していた。

これは、コマ速アップ(秒間6.5コマ)のために2モーターシステムとなり、結果、シャッターのチャージ音や振動が大きくなったため、発生したものであった。

かくして、程度の酷いものについては修理または新品交換という対応がなされる。具体的には部品追加により振動を抑えることとなった。

なお、回収された品は廃棄はされず、「40D RE」という製品名で再販されている(保証書に40D REと書かれているものが該当品)。これは、40Dで実施されたキャッシュバックの対象外となっている。

人気など

キヤノンが弱いと言われていたミドルクラスを強化した製品。

このため人気が高く、40Dは、30Dの三倍売れたと言われている。ユーザーは、シニア層が多いらしい。

その一方、いろいろと不満も出ている。特に有名なのが次の二点で、いずれも音に関するものである。

2007(平成19)年の最もシャッター音のおかしなカメラの座に輝いたらしい。なお、翌年はニコンのD700にその座を奪われた。

ファームウェア

不具合修正や新発売のレンズ対応などのため、ファームウェアは随時更新される。但し、EOS 40Dのサポートは終了したらしい。

1.1.1
  • EF85mm F1.2L II USMで、電池容量の判定が異常だった問題の修正
  • セルフクリーニングセンサーユニットが正常でも故障と表示される問題の修正
  • RAW画像ダイレクトプリント関係の修正
  • 外部ストロボのAF補助光が発光する被写体の明るさを見直した
  • カメラの内蔵ストロボがポップアップ中でも、シンクロ端子に接続している外部ストロボが発光するよう変更
1.0.8
  • 特定のISレンズ装着時、シャッターボタンの半押とAF-ONボタン以外のボタン操作時、動作音がする現象の修正
  • IS搭載レンズの取り付け時にIS動作音がする現象の修正
  • 撮影画像を液晶モニターで再生する際、表示が異常になることがある問題を修正
  • メニュー画面のスペイン語とノルウェー語の誤記を修正
1.0.5
  • リモート撮影時、撮影直後の画像をカメラの液晶モニターに表示するよう変更
  • オートパワーオフからの復帰直後、最後に再生していた画像を表示するよう変更
  • ファームウェア更新時の朝鮮語の警告文の修正
  • メニュー画面のスペイン語の誤記修正
  • 一部のプリントシステムで印刷できない問題の修正
  • ごく稀にファイル番号や画像番号が飛ぶことがある現象の修正
  • 一部の他社製アプリケーションで開けないRAW画像を作成する問題の修正(1.0.4でのエンバグ)
リンク
用語の所属
一眼レフカメラ
デジタルカメラ
EOS

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic