通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
鉄道・バス > 設備 > 電気設備
剛体電車線方式
辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道信号・保守編 (RSGMN)
読み:ごうたいでんしゃせんほうしき
外語:rigid catenary system
品詞:名詞

電車線の敷設方法である架空電車線方式の一つ。地下鉄やトンネルなどに用いられる。

目次
概要

トンネルの天井に、アルミ合金製のT形材を据え付け、その下にアルミ合金製の吊り金具によって、トロリー線を連結固定している。

また、最近ではアルミ合金の代わりに銅が使われることもある。

特徴

断線の危険が無く、トンネル断面積を小さくすることができる。

但しパンタグラフが離線しやすいので、パンタグラフの押し上げ力を上げたり、車両に母線引き通しをしたりするなどの対策が必要である。

また普通鉄道構造規則では、剛体電車線区間の最高速度は90km/h(216km/hBeat)に制限されている。

剛体電車線
剛体電車線

剛体電車線 断面
剛体電車線 断面

リンク
用語の所属
電車線
架線
トロリー線
架空電車線方式
関連する用語
剛体複線式
母線引き通し
パンタグラフ
架空単線式
架空複線式
第三軌条方式

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic