通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 電気 > 弱電 > 電圧
+3.3V
辞書:科学用語の基礎知識 電子用語編 (NELECY)
読み:プラス-さんてんさんボルト
外語:+3.3V
品詞:名詞

電源電圧の一つ。交流の場合は公称電圧に±を付けて表現しないので、プラス電源は通常は直流である。

目次
概要

かつて、TTLCMOSでは+5Vがよく用いられていたが、それに代わる形で普及した。

ICの消費電力を下げるためには、電圧を下げるのが最も簡単で効果的である。そこで、+5Vに対して様々な低電圧版ICが登場し、その中で偶然に+3.3Vのものが普及した。

かくして、3.3Vで動作するICレベルとして、LVTTLレベルLVCMOSレベルといったものが登場した。

特徴

パソコンでもよく使われる。近年の電源装置では+3.3Vが供給されており、マザーボード上ではふんだんに使われている。ハードディスクに電源を供給するペリフェラル電源コネクター(4ピンコネクター)には+3.3Vは出ていないが、マザーボードに接続するMBUコネクター(メインコネクター)には供給されている。

例えば、PCIHyperTransportなどのバスは3.3Vである。PCIはPCI 2.3から3.3V対応になった。

AGPでも使われていたが、最新版ではより低い電圧(1.5V、0.8V)に移行した。

リンク
用語の所属
電源電圧 (電子回路)
3.3V
関連する用語
+5V
+12V
ATX12V電源
EPS12V電源

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic