通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 生物学 > 生物 > 種名 > 真核生物 > 植物界 > 被子植物門 > 新エングラー > 単子葉植物綱 > イネ目
自然科学 > 生物学 > 生物 > 種名 > 真核生物 > 植物界 > 被子植物門 > クロンキスト > ユリ綱 > ツユクサ亜綱 > カヤツリグサ目
自然科学 > 生物学 > 生物 > 種名 > 真核生物 > 植物界 > 被子植物門 > APGII > 単子葉類 > ツユクサ群 > イネ目
イネ科
辞書:科学用語の基礎知識 生物名編 (BBN)
読み:いね-か
外語:Poaceae
品詞:名詞

被子植物のうち、イネを含む一群。分類体系により内容は異なるが、新エングラー分類法、クロンキスト分類法、APG分類法いずれにも存在する。

目次
情報
分類

▼はAPG分類法における階層で、従来の階級にないもの。

旧階層

古い分類法での階層構造は次の通り。


新エングラー分類法

クロンキスト分類法

(米)はもちろん、麦(小麦大麦)、玉蜀黍(とうもろこし)などに代表される科。

他に、竹やススキなども含まれる。

この科にはおよそ600属1万種があるとされ、単子葉植物綱の中でも上位に位置する規模である。

特徴
分類方法

イネ科の更なる分類方法は諸説ある。

代表的な分類法としては12の亜科に分ける方法で、亜科の下にさらに分類群として連を置き、12亜科約40連とするのが代表的である。連をさらに分類して亜連とする研究もある。

また、多数ある亜科をまとめた上位の分類群としてクレード(clade)が使われることがある。

クレード

分類学ではまだ階級がないクレードの分類も含めると、次のように分類できる(学名ABC順)。

BEP/PACCADは、それぞれ属する亜科の頭文字を並べた造語。MicrairoideaeはPACCADに含める説と、亜科として認めない説がある(代表的な12亜科には含まれていない)。

小麦などコムギ属、大麦などオオムギ属、ライ麦などライムギ属、燕麦などエンバグ属を含むムギ一般はイチゴツナギ亜科に、などのイネ属はエールハルタ亜科(イネ亜科)に、黍や芒、玉蜀黍はキビ亜科に、竹はタケ亜科に、それぞれ分類される。

品種

イネ科の中でも栽培品種として最も多く栽培・収穫されているものは小麦であり、世界人口約60億人のうちの約半分の主食となっている。

次いで多いのは稲であり、それに次ぐ玉蜀黍(とうもろこし)と共に三大穀物と呼ばれている。

リンク
用語の所属
真核生物
植物界
被子植物門
単子葉植物綱
イネ目
関連する用語


[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic