通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 生物学 > 生物 > 種名 > 真核生物 > 菌界 > 担子菌門 > 菌蕈亜門(ハラタケ亜門) > 真正担子菌綱(ハラタケ綱) > ハラタケ亜綱 > ハラタケ目 > ヒラタケ科
エリンギ
辞書:科学用語の基礎知識 生物名編 (BBN)
読み:エリンギ
外語:Pleurotus eryngii
品詞:名詞

ヒラタケ科ヒラタケ属の。中欧、東欧、中央アジアなどに自生する。日本には野生種はない。

目次
情報
分類
特徴
品種

人気が高まってから品種改良が進んだ。栽培品種としては、次の種類が登録されているようである(2003(平成15)年8月現在、出願番号順)。

食味等

商品名はもっぱら学名からエリンギまたはエリンギーと呼ばれる。

和名は白アワビ茸、××シメジ(××は任意の名称)など様々あるが、実はシメジではなくヒラタケの仲間である。

癖がなく味も淡白。そしてアワビのような独特のシコシコした歯ごたえ、他にはなかなかない壮観なその寸法などを特徴とする。

栄養としては、ビタミンB1食物繊維トレハロースなどを多く含む。

リンク
用語の所属

関連する用語
トレハロース

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic