通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 生物学 > 生物 > 種名 > 真核生物 > 菌界 > 担子菌門 > 菌蕈亜門(ハラタケ亜門) > 真正担子菌綱(ハラタケ綱) > ハラタケ亜綱 > ハラタケ目 > キシメジ科
シメジ
辞書:科学用語の基礎知識 生物名編 (BBN)
読み:シメジ
品詞:名詞

食用の名の一つ。湿地、占地。但し、シメジの定義は曖昧である。

目次
概要

本来シメジとは、キシメジ科の茸、中でもキシメジ科シメジ属の食用茸「ホンシメジ」を言った。

しかしホンシメジは、生きたコナラやアカマツの根にのみ寄生し、人工栽培ができないとされていた。そのため天然物が珍重され高級食材となっている。

ホンシメジは近年になりようやく人工栽培にも成功したようだが、いずれにせよ「松茸よりも高級」な高級食材であり、スーパーマーケットで安価に売られるような茸ではない。

特徴

高級茸シメジの名を付ければ高級感が出ると見たらしく、シメジではない茸にシメジと付ける例が数多く見られる。

  1. キシメジ科の茸
  2. ヒラタケ (長野県の「信州しめじ」など)
  3. ブナシメジ (かつては「ほんしめじ」「本しめじ」などの名で偽装していた)
リンク
用語の所属


[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic