通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 化学 > 機能・用途分類 > 食品添加物 > 色素・着色料 > キノン系色素
キノン系色素
辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・食品添加物編 (NSUBNFA)
読み:キノンけいしきそ
品詞:名詞

高等植物、昆虫などに存在する天然色素。単核あるいは多核の芳香族化合物のベンゼン環に、2つのカルボニル基を持つジカルボニル化合物の総称である。

特徴

その骨格から、ベンゾキノン、ナフトキノンアントラキノンなどに分類できる。このうち、食用色素として利用されるのはナフトキノン、アントラキノンである。

(例)アントラキノン
(例)アントラキノン

キノン系色素は次のようなものがある。

リンク
関連する用語
p-ベンゾキノン
アントラキノン系色素

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic