通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 化学 > 法令指定物質 > 危険物の規制に関する政令 > 第四類 引火性液体
自然科学 > 化学 > 有機物 > > 官能基・骨格 > 水酸基 > アルコール
自然科学 > 医学 > 薬学 > 薬剤 > 成分・薬効分類 > 外皮用薬(26) > 皮膚軟化剤(266)
グリセリン
辞書:科学用語の基礎知識 化学物質編 (NSUB)
読み:グリセリン
外語:glycerin
品詞:名詞

動植物の脂肪を構成する有機物で3価のアルコールアルコール驢ア酵の副生成物。常温では無色透明な粘性のある無臭の液体で、甘みがある。グリセリンという名は、ギリシャ語のglykys(甘い)に由来している。

分子式C3H8O3。構造式CH2OH‐CHOH‐CH2OH。分子量92.0944。融点17.8℃、沸点290℃。CAS番号56-81-5。ICSC番号0624。化学名1,2,3-Propanetriol。

グリセリン
グリセリン

1779(安永8)年にスウェーデン人のKarl Wilhelm Scheele(カール・ヴィルヘルム・シェーレ)によってオリーブ油加水分解物から発見された。

膠(にかわ)やコルク製造のほか、染色用途、保湿剤や皮膚軟化剤として多くの製品に使われている。有名なイチジク浣腸なども、主成分はグリセリンである。

グリセリン骨格の3個の水酸基全てに脂肪酸エステル結合させると脂肪(あるいは油脂)になる。同様にニトロ基をエーテル結合させればニトログリセリンになる。

危険物の規制に関する政令では、危険物 第四類 第三石油類の危険等級3に分類される。

リンク
関連するリンク
ICSC 国際化学物質安全性カード
用語の所属
アルコール
危険物
関連する物質
ニトログリセリン
脂肪
脂肪酸
関連する用語
エステル結合
エーテル結合
アルコール発酵

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic