通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 化学 > 機能・用途分類 > 食品添加物 > 糖/甘味料
自然科学 > 生物学 > 生物 > 種名 > 真核生物 > 植物界 > 被子植物門 > 新エングラー > 双子葉植物綱 > 合弁花植物亜綱 > キキョウ目
自然科学 > 生物学 > 生物 > 種名 > 真核生物 > 植物界 > 被子植物門 > クロンキスト > モクレン綱 > キク亜綱 > キク目
自然科学 > 生物学 > 生物 > 種名 > 真核生物 > 植物界 > 被子植物門 > APGII > 真正双子葉類 > 基幹真正双子葉類 > キク群 > キキョウ群/第2真正キク群 > キク目
ステビア
辞書:科学用語の基礎知識 生物名・植物編 (BBNP)
読み:ステビア
外語:stevia
品詞:名詞

キク科の多年草植物。

目次
情報
分類

▼はAPG分類法における階層で、従来の階級にないもの。

新エングラー分類法では亜綱として「合弁花亜綱 Tubiflorae」を、クロンキスト分類法では亜綱として「キク亜綱 Asteridae」を置く。概ね同等の亜綱である。

旧階層

古い分類法での階層構造は次の通り。


新エングラー分類法

クロンキスト分類法
生態

原産地はパラグアイ。

葉から低カロリーでかつ砂糖の200〜300倍の甘みを持つ天然甘味料が得られる。その甘味料のこともステビアと呼ばれている。

特徴

ステビアの主成分はステビオサイドだが、独特の苦みがあり、また後味が残ってしまうため汎用の甘味料としての利用には無理があった。しかし広島大学医学部で第2成分の「レバウディオサイドA」が主成分であるステビオサイドより優れた甘味料であることが発見され、また苦味も酵素処理で除去可能となり製品化も実現した。現在では品種改良の結果、レバウディオサイドAを多く含む品種が開発されている。

ステビオサイドは砂糖の200倍、レバウディオサイドAは300倍以上の甘味があり、しかもカロリーが低いためダイエット用甘味料として広く利用されている。

リンク
用語の所属
キク科
関連する用語
砂糖
ステビオサイド
天然甘味料

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic