通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 化学 > 機能・用途分類 > 食品添加物 > 糖/甘味料 > 炭水化物系 > 二糖類 > 砂糖
砂糖
辞書:科学用語の基礎知識 化学物質・食品編 (NFOOD)
読み:さとう
外語:sugar
品詞:名詞

蔗糖(sucrose)を主成分とする代表的な甘味料

目次
概要
基本情報

蔗糖は、1分子の果糖ケトン基と1分子の葡萄糖アルデヒド基脱水縮合した物質で、二糖類の一つである。

蔗糖
蔗糖

誘導体、関連物質の例
特徴
原料

砂糖黍甜菜(砂糖大根)などから作られる。

近年の動向

古くから使われてきたで、丸く雑味のない優れた甘味がある素晴らしい甘味料である。だがカロリーが高く(4kcal/g)、血糖値を上げ、虫歯の原因にもなるなどの理由で砂糖離れが進んでいる。

また、加工食品ではコストの問題でも砂糖離れが進んでいる。元々はキューバが世界最大の砂糖生産地であったが、社会主義革命で砂糖が入手しづらくなり、異性化糖などに移行することになった。ちなみに、異性化糖も4kcal/gである。

缶コーヒーの甘味料は今も砂糖が主だが、清涼飲料水などでは異性化糖(果糖葡萄糖液糖など)や糖アルコールなどに取って代わられている。このうち、異性化糖はコストが安いことから使われているが、砂糖の生産量が多い国では砂糖が安価であるため、清涼飲料水にも砂糖が使われていることが多いようである。

砂糖の種類

様々な砂糖が使われている。

吸収性

砂糖(蔗糖)などは糖質の分子構造が小さいために吸収が早く、血糖値を急激に上昇させてしまう。こういった分子の小さい糖類を単純糖質と言い、その逆は澱粉などの複合糖質である。

血糖値上昇の反応として血糖値を下げるインシュリンが分泌され、逆に血糖値が下がる現象(ハンガーノック)を引き起こしてしまう。

必要性

砂糖の過剰摂取は糖尿病などの原因となる。

但し、糖はの最も重要なエネルギー源であり、また動物のエネルギーの出発物質で生命には欠かせない存在である。

葡萄糖炭水化物(でんぷん)などを摂っていれば砂糖を取る必要はないが、葡萄糖そのものはおいしくない。

いずれにせよ、糖分の摂り過ぎは良くないが、摂らな過ぎも問題である。

効果

カロリーが問題にされることが多いが、食品の安定性、粘性、保存性、保水性向上、澱粉の老化防止等、甘味以外の効果も役立てられている。

リンク
関連するリンク
ICSC 国際化学物質安全性カード
用語の所属

二糖類
関連する用語
蔗糖
糖アルコール
人工甘味料

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic