通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 化学 > 栄養学 > ビタミン
ニコチン酸
辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・ビタミン編 (NSUBNV)
読み:ニコチンさん
外語:nicotinic acid
品詞:名詞

ビタミン様作用物質の一。ビタミンB3。ナイアシンともいうが、ナイアシンは商標

目次
情報

ニコチン酸
ニコチン酸

特徴
機能

糖質と脂肪の代謝促進、遺伝子修復、インシュリン合成、血液循環、コレステロール抑制などの働きがある。

摂取過多は有害で、許容上限摂取量は成人男子で30NE(NE=ナイアシン当量)。

日本での食品添加物の扱いでは、栄養強化剤や色調調整剤として使われている。

欠乏症

欠乏すると、ペラグラ(皮膚炎・下痢・痴呆)、口舌炎、皮膚炎、胃腸障害などを発症する。

欠乏症は玉蜀黍(トウモロコシ)を主食にする地域に多い。

含有する食品

酵母、豆類、レバー、緑黄色野菜などに含有する。

リンク
用語の所属
ビタミン様作用物質
ナイアシン
関連する用語
ビタミンB群
ニコチン酸アミド
インシュリン
コレステロール

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic