通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 化学 > 栄養学 > ビタミン > ビタミンA
ビタミンA
辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・ビタミン編 (NSUBNV)
読み:ビタミンエイ
外語:Vitamin A
品詞:名詞

ビタミンの一つで、脂溶性ビタミン。光、熱、酸に弱い。

動物にのみ存在するが、体内でビタミンAに変わるプロビタミンAのカロテンは動物にも植物にも存在する。

目次
物質の情報

ビタミンAとは、次の3物質の総称である。

ビタミンA レチノール 分子構造
ビタミンA レチノール 分子構造

ビタミンA レチナール 分子構造
ビタミンA レチナール 分子構造

ビタミンA レチノイン酸 分子構造
ビタミンA レチノイン酸 分子構造

物質の特徴
安全性

危険性

有害性
物質の性質

緑黄色野菜にビタミンAの前駆物質(プロビタミンA)であるカロテンが多く含まれている。摂取すれば体内でビタミンAとなる。この反応は、肝臓で起こるとする説と、小腸で起こるという説があるようだ。

かつてはビタミンAの生物学的効力をビタミンA効力(IU単位)で表わしていたが、現在はレチノール当量(μg単位)で表わしている。1IUはレチノール当量で0.3μg程度に対応する。

機能・欠乏症

皮膚や粘膜を強くする、夜盲症の防止、免疫力を高める、精子形成、制ガン作用などがあるとされる。

欠乏すると発育遅延、肌荒れ、夜盲症、精子形成不良などを発症する。

毒性、過剰症

しかし脂溶性のビタミンであるため、過剰に摂取すると有毒であり、過剰症が起こる。みかんを食べ過ぎた時に手などの皮膚が黄色くなる「柑皮症」が過敏症である。

成人の一日所要量は男性で600μgレチノール当量(2000IU)、女性で540μgレチノール当量(1800IU)で、許容上限は1500μgレチノール当量(5000IU)である。

特に、催畸形性が高いので、妊婦は要注意。

また、急性症状としては吐き気、頭痛、下痢、めまいがおこり、場合によっては死に至る。その一方、プロビタミンAであるαないしβ-カロテンを過剰に摂取してもほとんど毒性はないと言われている。

リンク
用語の所属
ビタミン
脂溶性ビタミン
VA
関連する用語
レチノール
レチナール
レチノイン酸
肝臓
カロテン

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic