通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 医学 > 薬学 > 薬剤 > 成分・薬効分類 > 滋養強壮剤(32) > カルシウム剤(321)
自然科学 > 医学 > 薬学 > 薬剤 > 成分・薬効分類 > 外皮用薬(26) > 鎮痛・鎮痒・収斂・消炎剤(264)
乳酸カルシウム
辞書:科学用語の基礎知識 薬学・一般薬編 (BPHARI)
読み:にゅうさんカルシウム
外語:calcium lactate
品詞:名詞

カルシウムの乳酸塩。カルシウム剤、調味料、膨張剤、イーストフードなどとして使用されている。

目次
物質の情報

光学異性体あり。

誘導体、関連物質の例
物質の特徴

近年は、カルシウム関係の食品や飲料が多くあり、それらの多くは炭酸カルシウムや、この乳酸カルシウムを用いている。

ポカリスエットをはじめとするスポーツドリンク類にも、カルシウム源としてよく使われている。

化粧品などでは、収斂剤、皮膚剥離剤として使われている。

安全性

JECFA 18回会議(1974(昭和49)年)では、ADIは制限なしとされており、安全性は高い。但し、異性体のD(−)-乳酸、DL-乳酸は、乳児用食品に使用しないことになっている。


危険性

有害性

環境影響
リンク
関連する物質
カルシウム

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic