通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 地質学 > 地層 > 地質時代 > 顕生代 > 古生代
古生代
辞書:科学用語の基礎知識 地質学編 (NGEO)
読み:こせいだい
外語:Paleozoic era
品詞:名詞

地球地質時代の代の一つ。先カンブリア時代に続く代。

目次
概要

約5億4100万年前から約2億5217万年前までの間とされる。

古い時代から順に、次の紀に分けられる。

特徴
動物進化

古生代前半(カンブリア紀〜シルル紀)にオウム貝や三葉虫などが栄えた。

古生代前半のオルドビス紀に登場した魚類は、古生代後半のデボン紀に栄えた。そしてデボン紀末に魚類から両生類が進化し、古生代末の石炭紀〜ペルム紀に掛けて栄えた。同じ頃に爬虫類が出現し、同様に栄えた。

植物進化

植物は藻類が主流であったが、シルル紀になると原始的な陸上植物が出現し、石炭紀にはシダ植物が出現し大繁栄を遂げた。

現在石炭層から産出する石炭は、この時のシダ植物由来のもの、とする説が有力である。

古生代末期には裸子植物が出現し、これは中生代になってから栄えた。

前後
リンク
関連するリンク
国際年代層序表@Wayback Machine
関連する用語
地質時代
中生代
新生代

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic