通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 現象・物質等
自然科学 > 物質・粒子 > 量子学 > 量子力学 > 相互作用
基本相互作用
辞書:科学用語の基礎知識 物理学編 (NPHYS)
読み:きほん-そうごさよう
外語:fundamental interaction
品詞:名詞

宇宙に存在する、四つの基本的な相互作用のこと。物理学において、素粒子間に相互に働く。

目次
概要

かつては単に「」と呼ばれたが、古典物理学の力と混乱を招くということで、その区別のために名前が変わっていった。

現在この意味では、和名では「力」ではなく「相互作用」と呼ぶのが一般的である。

特徴
量子力学

宇宙には四つの相互作用があり、物質天体の運動を支配している。

これらの相互作用は、ゲージ粒子の交換により発生すると考えられている。

相互作用の特徴
相互作用の種類強さ到達距離(cm)ゲージ粒子(交換粒子)
強い相互作用1/410−13グルーオンクォーク
電磁相互作用1/137光子(フォトン)原子
弱い相互作用1.02×10−510−16ウィークボソン放射能
重力相互作用5.9×10−39重力子(グラビトン)天体

無限距離に到達するのは電磁相互作用と重力相互作用のみである。

四つの力のうち、重力相互作用だけが圧倒的に弱い相互作用である。

相互作用の起源

四つの相互作用は宇宙誕生から時間とともに分岐し、できたと考えられている。

その力の種類や大きさは、宇宙初期に偶然に(確率的に)決まったものと考えられている。

時刻10−44秒(温度1019GeV)
第一の相転移が起こり、重力相互作用と他の相互作用が分離した。
時刻10−36秒(温度1015GeV)
第二の相転移が起こり、色の力(強い相互作用)と電弱相互作用が分離した。
時刻10−11秒(温度102GeV)
第三の相転移が起こり、電弱相互作用は電磁相互作用と弱い相互作用に分離した。
時刻10−4秒(温度10−1GeV)
第四の相転移が起こり、クォークハドロンとなった。
リンク
用語の所属
統一理論
大統一理論
関連する用語
ゲージ粒子


[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic