通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 医学 > 疾病・症状 > 部位別 > 排泄系 > 泌尿器
血尿
辞書:科学用語の基礎知識 医学・用語編 (BMEDY)
読み:けつにょう
外語:blood urine
品詞:名詞

血液の混じった尿のうち、肉眼ではっきりわかるほどに尿の色が赤いもの。

目次
症状

血尿の色は、ワインのロゼ風から、鮮血、茶色まで、状況により様々である。

見た目では分からない量が混ざっている場合は「尿潜血」と呼ばれる。

特徴
傾向

一般には、血尿→癌という発想が多いらしいが、血尿の全体に占める癌の初期症状というのは、それほど多くない。

また、腎臓の癌はかなり少ないのでそれほど心配は要らず、むしろ多いのは膀胱がんや前立腺がんである。

但し、がんはそれほど簡単に罹患する病気ではないので、血尿が出て慌てて病院に飛び込んで来る場合、尿道炎膀胱炎、男性なら前立腺炎などの方が率は高いと見られる(但し未検証)。

原因

血尿を来たす疾患には大きく分けて次のようなものがある。

血尿は尿路のどこかから出血していることは事実であるが、原因不明なことも多く、その率は半数以上ともされる。仕方がないので「特発性腎出血」なる苦肉の策の診断名も生まれたが、そもそもそんな病気があるのかという点は、学者の中でも議論が多い。また、病名が付いても原因が不明なことに変わりはない。

年齢、性別、既往などで確率的には絞ることは可能だが、問診程度の内容で判断することは不可能である。

疾患

具体的に、血尿をきたす疾患としては、主として次のようなものがある(順不同)。

診察・治療

腎臓自身は回復力の強い臓器であるので、仮に血尿や蛋白が出たとしても、腎臓に致命的な障害(障礙)が出るということは通常はない。その状態がいつまで続くかの方が問題となる。

しかしながら、血尿は通常の健康状態では起こらない症状であるので、早急に、腎臓内科か泌尿器科専門医の診察と精密検査が必要になる。

医師から、良性であると診断されていない限り、自分勝手な判断で様子見ということはしてはならない。

リンク
関連する用語
尿潜血

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic