通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 天体 > 固有名詞 > 天体カタログ > メシエカタログ > 第3巻(69〜103) > 90番台
自然科学 > 地学 > 天文学 > 天体 > 固有名詞 > 天体カタログ > NGC
自然科学 > 地学 > 天文学 > 天体 > 固有名詞 > 銀河 > 星座 > 春の星座
自然科学 > 地学 > 天文学 > 天体 > 固有名詞 > 銀河 > 超銀河団 > 局部超銀河団 > おとめ座団
M91
辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体名編 (USTLN)
読み:エムきゅうじゅういち
外語:M91
品詞:固有名詞

かみのけ座方向に見られる棒渦巻銀河であり、低電離中心核輝線領域(ライナー)である活動銀河核である。

目次
情報
基本情報
物理的情報
観測情報
主なカタログ番号
特徴
観測

地球からの距離は約6300荳光年である。これはケフェイド変光星を用いて距離が測定された。

M91は貧血銀河(anemic galaxy)であり、渦巻銀河でありながらガス含有量が少なく、他の銀河と比較して星生成活動も少ない。

歴史

M91としては1781年3月18日(安永10年2月24日)の夜にメシエが発見し、メシエカタログに記載した。しかしその座標が誤っており実際の天体との照合ができず、メシエカタログ中で長く存在が確認できていない天体の一つだった。

ハーシェルも1784(天明4)年4月8日にこの銀河を別に発見し、これがNGC 4548としてカタログに記載された。

1969(昭和44)年、アメリカのアマチュア天文家ウィリアム・C・ウィリアムズは失われたM91を同定するべく、近くに見える銀河M89基準で赤経・赤緯を求め、M91がNGC 4548であると見いだした。メシエは、M91の位置をM58を基準に算出したが、実際にはM58ではなくM89が基準になっていたという。以降徐々にこの説が受け入れられ、21世紀現在はM91とNGC 4571は同一視されている。なおそれ以前は、NGC 4571などがM91であるとする説もあった。

リンク
関連するリンク
M 91 -- LINER-type Active Galaxy Nucleus @ SIMBAD
用語の所属
おとめ座銀河団
メシエカタログ
91

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic