通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 生物学 > 生物 > 機構 > 器官 > 循環系 > 体液 > 血液
MCH (赤血球恒数)
辞書:科学用語の基礎知識 生物学編 (BBBIO)
読み:エムスィーエイチ
外語:MCH
品詞:名詞

赤血球恒数の一つで、平均赤血球血色素量。血液検査の検査項目である。

目次
概要

赤血球1個あたりのヘモグロビン量の平均値である。

正常値は、概ね「28.0〜34.6pg」である。

計算法

計算式は次の通りである。

血色素量(g/dl)×10 ÷ 赤血球数(×百万個/μl)

例えば、血色素量が15、赤血球数が450万個/μlであった場合、次のように求められる。

15×10 / 4.5

約33(pg)

正常の範囲内であることが求められた。

リンク
用語の所属
血液検査
赤血球恒数
関連する用語
赤血球数
ヘマトクリット値
MCV
MCHC

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic