通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 生物学 > 生物 > 機構 > 器官 > 循環系 > 体液 > 血液
MCV
辞書:科学用語の基礎知識 生物学編 (BBBIO)
読み:エムスィーヴィー
外語:MCV: Mean Corpuscular Volume
品詞:名詞

赤血球恒数の一つで、平均赤血球容積。血液検査の検査項目である。

目次
概要

赤血球1個あたりの容積の平均値であり、赤血球の大きさの判断に役立つ。

ヘマトクリット値(%)を赤血球数(個/μl)で割ると得られる。

正常値は、概ね「83〜102fl」である。

計算法

計算式は次の通りである。

ヘマトクリット値(%)×10 ÷ 赤血球数(×百万個/μl)

例えば、ヘマトクリット値が45%、赤血球数が450万個/μlであった場合、次のように求められる。

45×10 / 4.5

100(fl)

単位も含めると、次のような計算になる。

ヘマトクリット値(%)÷赤血球数(×個/μl)

45/100 / 4.5×106(個/μl)

45/100 / 4.5×10−3(fl)

(45 / 4.5) × 10(fl)

100(fl)

正常の範囲内であることが求められた。

リンク
用語の所属
血液検査
赤血球恒数
関連する用語
赤血球数
ヘマトクリット値
MCH (赤血球恒数)
MCHC

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic