通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造 > ソフトウェア > ファイルシステム > 光ディスク用
カラーブック
辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・応用編 (TTDISKA)
読み:カラーブック
外語:color book
品詞:名詞

Philipsソニーの発行するCD関連の規格の俗称。

目次
概要

それぞれの表紙に異なった(派手な)色が使われているところから、この名が付けられている。

これはRed Bookから始まり、Yellow、Green、Orange、White、Blueがある。

いずれもコンフィデンシャルであり非公開であるため、内容については定かではない。IECやISOで規格になったものについては内容が公開されている。

特徴
  1. 1981(昭和56)年‐レッドブック(Red Book)

    CDとして最初に登場した音楽CD(CD-DA)の規格。後にIEC 908として標準規格化された。

    何度か更新され、次のようなオプション規格が盛り込まれている。

  2. 1984(昭和59)年‐イエローブック(Yellow Book)

    電子計算機用のCD-ROMの仕様を規定したもの。後にISO/IEC 10149やJIS X 6281などとして標準規格化された。

    何度か更新され、次のようなオプション規格が盛り込まれている。

  3. 1986(昭和61)年‐グリーンブック(Green Book)

    CDベースのマルチメディア仕様CD-Iを規定したもの。

  4. 1988(昭和63)年‐オレンジブック(Orange Book)

    書き換え可能なCD(Recordable CD)の仕様を規定したもの。

    何度か更新され、次のような仕様が盛り込まれている。

    1. Part I ‐ CD-MO (CD Magneto Optical)
    2. Part II ‐ CD-R (CD Recordable)
    3. Part III ‐ CD-RW (CD ReWritable)
  5. 1993(平成5)年‐ホワイトブック(White Book)

    CD-ROM/XAMPEG-1の動画情報を記録する仕様を規定したもの。

    いわゆるVideo CD

  6. 1996(平成8)年‐ブルーブック(Blue Book)

    CD-DAに電子計算機のデータを格納する仕様を規定したもの。CD Extra

    ディスクのセッションを二つに分割し、第一セッションにオーディオを格納し、第二セッションにデータを格納するのが特徴である。

リンク
用語の所属
CD
関連する用語
レッドブック
イエローブック
グリーンブック
オレンジブック
ホワイトブック
ブルーブック

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic