通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > ソフト > 種類 > 配布形式
電子計算機 > ソフト > 用語 > ライセンス形態
GPL
辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング設計編 (PTPROGE)
読み:ジーピーエル
外語:GPL: GNU General Public License
品詞:名詞

GNUフリーソフトウェアの配布条件や著作権について記述された文書と、それに伴う各種の権利などのこと。

目次
概要

GPLとして公開されたソフトウェアは、自由に配布や改造をしてよい。但し、その際には派生物もまたGPLとして公開することが義務で、全ソースリストの公開を求められる。

オープンソース系のライセンスとしては最も厳しいものとして知られる。

特徴

「自由」を謳うオープンソース系ライセンスの中で最も有名なものだが、同時に、最も「不自由」なライセンスとしても有名である。

ソースの公開が義務となれば、実質、業務用アプリケーションを作る際にソースを借用することが不可能である。業務で作成される処理というものは、公開できない部分や、特許に関わるものなども多分に含まれるからである。

従って、業務系ソフトウェアでは「GPL汚染」しないよう、努力がなされている。

リンク
関連するリンク
http://www.gnu.org/copyleft/gpl.html
http://www.opensource.org/licenses/gpl-license.html
関連する概念
GFDL
LGPL
NPL
BSDライセンス
フリーソフトウェア
copyleft
GPLv3
関連する用語
GNU
GPL汚染
GPL違反
GPLフリー
ソフトウェア
著作権

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic