通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > ソフト > OS > 製品/作品 > Unix > POSIX > Linux > ディストリビューション
Momonga Linux
辞書:電算用語の基礎知識 OS編 (PNOS)
読み:ももんが-りぬっくす
外語:Momonga Linux
品詞:商品名

モモンガが目印のLinuxディストリビューションの一つ。Red Hat系ディストリビューションに属する。

目次
仕様
概要

このディストリビューションは、既に解散済みのKondara Projectが開発していたKondara MNU/LinuxのCVSリポジトリをベースに開発されたものであり、事実上の後継である。

開発プロジェクトはMomonga Projectと呼ばれ、2002(平成14)年7月1日に結成された。

特徴
由来

かつてはKondara ProjectとしてKondara MNU/Linuxを開発していた。しかし、Kondara Projectのスポンサーだったデジタルファクトリ株式会社との間に商標問題が発生、このため2002(平成14)年7月15日、Kondara Projectは解散することになった。

これから遡ること約2週間、新たにMomonga Projectが立ち上げられ、旧Kondara Projectの開発者たちの一部はMomonga Projectへと移っていた。

Kondara Projectは、ソースのみならずCVSリポジトリもそのまま公開し、これをMomonga Projectが引き継ぐ形でMomonga Linuxは開発が始められた。このため、メンバーの交流にIRCを使うなど、開発スタイルはKondara Projectの頃の特徴を色濃く残しており、事実上の後継Projectである。

なお、Momonga(モモンガ)という名は、かつてKondara Projectで開発され使われていたRubyベースのインストーラーの名前から取られたものである。

また、Momonga Projectが使用しているサーバーなどのリソースは、IIJが無償提供している。

開発目標

Fedora Core(現Fedora)互換のディストリビューションとして開発されており、管理方法、設定ファイルの配置位置、記述方法などに互換性が持たされている。

このため、日本由来のディストリビューションながら、世界中で多数出版されているFedora関連の書籍などから得た情報がそのまま使える利点がある。これゆえに、Fedora/Red Hat Linux用の商用ソフトウェアも、殆どそのままで利用できる利点もある。

また、IPv6IPsecACPIなどの新技術を積極的に採用し、しかし同時に、多機能と相反する安定性の実現をも目標としている。他のLinuxディストリビューションに先駆けて採用された技術も数多い。

一覧表
バージョン

Momonga Linuxは、バージョンごとに、コードネームに加えて「テーマカラー」が用意されているのが他のLinuxディストリビューションに見られない特徴である。

コードネームは、原則としてアニメなど二次元の女の子の名前である。

各バージョンのサポート期間は、次のバージョン公開まで。バージョンアップは不定期である。

沿革
コードネーム

趣味のディストリビューションらしく、コードネームも趣味に走っている。

誰が決めているのかは定かではないが、参加メンバー全員に周知されているわけでは無いらしい。以下は、コードネームと、その推測される元ネタであるが、推測であるため誤っているかも知れない。

  1. Kaede

    芙蓉楓(ふようかえで) (SHUFFLE!/Navel)

  2. Asuna

    神楽坂明日菜 (魔法先生ネギま!/赤松健)

  3. Mikuru

    朝比奈みくる (涼宮ハルヒ/谷川流著、いとうのいぢ画)

  4. Izumi

    イズミ・カーティス (鋼の錬金術師/荒川弘)

  5. Miyako

    宮子 (ひだまりスケッチ/蒼樹うめ)

    宮村みやこ (ef - a fairy tale of the two.)

  6. Touka

    トウカ (うたわれるもの/Leaf/アクアプラス)

  7. Natsuki

    玖我なつき (舞-HiME/サンライズ)

リンク
関連するリンク
http://www.momonga-linux.org/
用語の所属
Linux
Linuxディストリビューション
Red Hat Linux
関連する用語
Kondara MNU/Linux

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic