通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > プロトコル > 階層分類 > 中位層 > AppleTalk
AppleTalk
辞書:通信用語の基礎知識 通信手順中編 (CPTRAN)
読み:アップルトーク
外語:AppleTalk
品詞:固有名詞

かつてApple Computer製コンピューターMacintoshで使われていたプロトコルスイートの通称。やがてTCP/IPへと移行し、現在では使われていない。

目次
概要

Macintoshに標準装備され、Macintoshでファイルやプリンターの共有を可能としていた。

既にTCP/IPへの代替が可能となっていたことから、Mac OS Xで徐々に機能が廃止され、Mac OS X バージョン10.6 "Snow Leopard"で、AppleTalkは完全に廃止された。

特徴
構造

AppleTalkのトランスポート層ATP、AppleTalkのネットワーク層DDPと呼ばれ、その上に様々なアプリケーションプロトコルが実装されている。

下位の物理層およびデータリンク層には様々なものが使われていた。

初期にはRS-422が使われており、この物理層を含めてAppleTalkと呼ばれていたが、後に物理層が増えてからはAppleTalkは上位のプロトコルスイートを表わすようになり、物理層には別の名が与えられた。なお、従来のRS-422はLocalTalkとなった。

物理層とデータリンク層

物理層の名称と物理層の種類、その物理層を使うための通信プロトコルを一覧する(順不同)。

上位プロトコル

主要なものは以下の通り。TCP/IP上で実装された同等プロトコルの場合、略称は同じで、AppleTalkをAppleに置き換えたプロトコル名になっている。

リンク
用語の所属
Apple Computer
Macintosh
関連する用語
LocalTalk
TCP/IP
Token Ring

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic