通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > プロトコル > 階層分類 > 下位層
通信 > プロトコル > 規模分類 > LAN・MAN > 車内LAN
BEAN
辞書:通信用語の基礎知識 通信手順下編 (CPEQIP)
読み:ビーン
外語:BEAN: Body Electronics Area Network
品詞:名詞

トヨタ自動車が使用している、ボディ系向け制御系車内LANの一つ。

目次
概要

1997(平成9)年セルシオ以降の車両で採用された、トヨタのオリジナルプロトコルである。

通信速度は10kbpsと遅いが、エアコン、ドアなどの内装品制御には、この程度でも充分である。

特徴
アクセス方式

BEANは、CSMA/CD方式を採用している。通信線の空き状態を監視しながら優先度に応じて通信される方式で、Ethernetでも採用されている方法である。

この方式はソフトウェアの負担が軽く、8ビットマイクロプロセッサー16ビットマイクロプロセッサーといったものを使うECUで処理するのに適している。

また、この方式はECUの追加も容易であり拡張性が高い。

通信回線

双方向通信は単線ワイヤーで実現し、送受信回路をディスクリート構成(単機能)とすることで、回路の低廉化を図っている。

車種によっては複数のBEANを搭載し、ゲートウェイECUを経由して相互に接続されるものもある。2000(平成12)年セルシオには3系統のBEANが搭載された。

フレームフォーマット

下位層でのフレーム構造は、次の通りである。

6ビット以上0が続き1が来た場合をSOFとし、フレームの開始とする。SOFからCRCまでは、6個以上連続して0が出現しない。

EOFは6ビットの0である。

リンク
用語の所属
車内LAN
関連する用語
トヨタ自動車

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic