通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 符号 > 文字 > 符号 > 文字符号(CES) > ISO-2022系 > ISO-2022-JP系
EUC-JISX0213
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術文字符号編 (CTCHRE)
読み:イーユースィージスエックスゼロにーいちさん
外語:EUC-JISX0213
品詞:固有名詞

日本語向けISO/IEC 2022のサブセットで8ビット符号の拡張法を用いている、EUCの一種。JIS X 0213:2000で規定されている。現在は廃止された。

目次
仕様

文字集合(CCS)にJIS X 0213:2000を採用した符号化方法(CES)である。

EUC-JPの亜種の一つであり、基本的な使い方には違いはない。

文字集合

なお、G2に関してはEUC-JPとの互換性のためにあり、原則として使わないことになっている。

JIS X 0212と共存

従来のEUC-JPでは、G0にJIS X 0208が、G3に補助漢字(JIS X 0212)がそれぞれ指示されていた。JIS X 0213は、これらの文字と衝突しないように文字位置を定義しているため、共存することができる。

但し、JIS X 0213自体は、特にJIS X 0212との同時利用は前提としていない(同じ文字がJIS X 0213とJIS X 0212に存在するため)が、既存のEUC-JP対応ソフトウェアは、殆ど何も変更しなくてもEUC-JISX0213が扱える可能性が高い。

基本的なメカニズム
コードレンジ
文字の配置

1面1〜62区は0xA1A1〜0xDEFE、1面63〜94区は0xDFA1〜0xFEFEで、これは旧来のJIS X 0208EUC-JPと同様である。

EUC-JIS-2004はEUC-JIS-2004と同様、このうちの未使用領域を埋めるように文字を配置している。

例えば、EUC-JPではG3にはJIS X 0212(補助漢字)が指示されている。JIS X 0213も同様にG3に指示されるが両者は共存可能であり、つまりG3にはJIS X 0213とJIS X 0212の両方が存在する状態にすることができる。

EUC-JPでは、G3において2区・6〜7区・9区・10〜11区・16区〜77区の範囲にJIS X 0212(補助漢字)があるため、1区・3〜5区・8区・12〜15区・78〜94区の範囲にJIS X 0213がマップされる。

関連・後継仕様

代表的なものに、次のようなものがある。

2004(平成16)年2月20日に発行されたJIS X 0213:2000/AMENDMENT 1:2004では、このCESの後継の名がEUC-JIS-2004になった。

また、JIS X 0213の第一面のみを実装するサブセットに、次のものがある。

リンク
用語の所属
ISO/IEC 2022
EUC
JIS X 0213:2000
関連する用語
CCS
CES
JIS X 0213:2000/AMENDMENT 1:2004

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic