通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 符号 > 文字 > 符号 > 文字集合(CCS) > ISO/IEC 8859
ISO/IEC 8859-8
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術文字集合編 (CTCHRS)
読み:アイエスオウ-アイイースィー-はちはちごーきゅう-はち
外語:ISO/IEC 8859-8
品詞:固有名詞

ISOによって規定された文字集合の規格ISO/IEC 8859のうち8番目の仕様。

目次
仕様
概要

この仕様はHebrewとも呼ばれ、ヘブライ語に対応するヘブライ文字セットを定義する。

CHARSET_NAME(CCS名)は「ISO-8859-8」である。

電子計算機でヘブライ文字言語を扱う場合は、次の何れかを用いることが多く、ISO-8859-8はこのうちの一つである。

また現在では、UnicodeをUTF-8などで符号化して用いることも可能。

ISO-8859-8の派生として、明示的に文字方向を指定したISO-8859-8-eやISO-8859-8-iがある。

沿革

最初の1988(昭和63)年版に対し、新しい1999(平成11)年版はユーロ記号などを含む9文字が追加されている。

現在、単に「8859-8」と言った場合は、後者、1999(平成11)年版を指す。

他のISO登録状況

1988(昭和63)年

初版はISO-IR 138として登録されている。

ISO-IR 138のISO/IEC 2022におけるエスケープシーケンスは次のとおり。


2003(平成15)年

ユーロ通貨記号、新シェケル通貨記号と、7つの方向文字を加えたものはISO-IR 234として登録されている。

ISO-IR 234のISO/IEC 2022におけるエスケープシーケンスは次のとおり。

ISO/IEC 8859-8文字集合

ここに示すのは、1999(平成11)年版の文字集合である。

 上位4ビット
2/103/114/125/136/147/15
0NBSP°  
1 ±  
2¢2  
3£3  
4´  
5\μ  
6  
7§  
8¨  
9(C)1 EUR
10×÷ 
11 LROLRE
121/4 RLORLE
13SHY1/2 PDFLRM
143/4  RLM
15   

1999(平成11)年版で追加されたのは、次の9文字である。

対応する言語

ISO/IEC 8859-8が公式ないし事実上、対応できる言語は以下のとおり。配列順序は日本語名の50音順による。括弧内はISO 639で規定される2文字の言語コードである。

また次の言語はISO/IEC 8859-1でもISO/IEC 8859-8でも表現できる。

リンク
文字集合
ISO/IEC 8859
符号化方法
ISO/IEC 2022
関連する用語
エスケープシーケンス
ISO
文字コード

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic