通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > セキュリティ > 攻撃 > ポートスキャン
TCP ACKスキャン
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術安全編 (CTSEC)
読み:ティースィーピー-アック-スキャン
外語:TCP ACK scanning
品詞:名詞

ステルススキャンの一つ。TCP接続を確立させずにいきなりACKパケットを送りつけるもの。

目次
概要

サービスの提供状況に関わらずRSTパケットが返ってくる。

帰ってくるRSTパケットは、サービスが提供されていない場合においてTCPヘッダーウィンドウサイズが0になる。これを見てポートが開いているかどうかを判断する。

特徴

TCP ACKスキャンはどちらかというとポートスキャンよりもファイアウォールフィルタリング状況を確認するために使われる。これは相手が必ずRSTパケットを返してくるという特性を利用したものである。

ファイアウォール越しに、あるホストに対してTCP ACKスキャンを行なった際、RSTパケットが返って来た時にはそのポート番号の通信をファイアウォールが通すことを意味する。

何も返ってこないか、ICMP Destination Unreachableが帰ってくるときは、ファイアウォールがそのポートを塞いでいることが分かる。

リンク
用語の所属
ポートスキャン
関連する用語
TCP/IP
TCPヘッダー
ICMP

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic