通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

バイオセーフティーレベル

辞書:科学用語の基礎知識 生物学編 (BBBIO)
読み:バイオセーフティーレベル
外語:BSL: Bio Safety Level 英語
品詞:名詞
2001/09/25 作成
2008/10/22 更新

微生物(ウイルス細菌など)の危険性を示すレベル。通称「BSL」。

目次

研究者のミスなどによる外部への漏出を防ぐため、微生物は危険度に応じて分類されている。

この分類法の代表が、バイオセーフティーレベルである。

レベルは1〜4までの4段階に分けられ、そのレベルに応じて適切な実験施設を作る。

1〜4までのレベルは、次のように呼び分けられる。

日本にも国立感染症研究所のBSL-4対応の施設があり、国際的にも最高級の安全性が確保されているが、反対活動などの影響により、やむを得ずBSL-3レベルの施設として運用している。

関連する用語
バイオハザード

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club