通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

SIGSEGV

辞書:電算用語の基礎知識 計算機内部固件編 (TCAPI)
読み:シグ・セグヴィー
外語:SIGSEGV: SIGnal SEGmentation Violation 英語
品詞:名詞
2009/08/17 作成
2015/02/03 更新

シグナルの一つで、セグメンテーション侵害を表わす。

目次

このシグナルはPOSIX.1-2001、ANSI C標準である。

本来の用途は、無効なアドレスへのアクセスを通知するものである。

標準の動作はコアダンプとプロセスの終了であり、「セグメントエラー(coreを出力しました)」などと表示して止まる。

このシグナルは、プログラムのバグなどによって発生するものである。ポインター操作の誤りなどにより、そのプロセスにとって不正/無効なアドレス(例えばNULLポインター)へアクセスしようとした場合に発生する(いわゆる「ぬるぽ」)。

一般的には、Cなどで確保した配列の範囲を超えて書き込んだ場合や、再帰呼び出しが無限ループに陥ってスタックオーバーフローが発生した場合などに生ずる。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club