通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
地理 > 道路 > 大洋州 > 日本 > 地方道・私道 > 関東地方 > 東京 > 主要都道
東京都道311号環状八号線
辞書:国土用語の基礎知識 一般道路名・関東東京編 (EWLTM)
読み:とうきょうとどう-さんびゃくじゅういちごう-かんじょうはちごうせん
外語:r311 Kanjo-8 Line
品詞:固有名詞

東京都内で、環状路線としては最も外側を走る主要地方道の都道。「環八通り」として供用されている。

目次
道路計画

東京国際空港(羽田空港)から、東京区部の西外郭を通り、北区岩淵町の赤羽交差点に至るまでの環状路線。

一般道の環状路線計画としては、一番外側を回る路線として計画された。

道路の情報

延長32.353km。

車線数は4〜6車線。

起点・終点
法定路線名
通称
重複ないしそれに類する区間
道路の特徴

概ね往復6車線とはいえ、車線の幅は狭く、交通量は膨大で大型トラックなども多い。

また転回禁止(Uターン禁止)道路であり、自動車専用道路のような殺伐とした雰囲気が漂っている。加えて、あちこちで警察がネズミっている。

沿道の著名な施設等
主な橋
主なトンネル

井荻トンネル

井荻トンネルの開通は1997(平成9)年。トンネル全長1263m。

トンネル4車線+側道部は線路をオーバークロス(2車線)。開通前は4車線の踏み切りで、通過に三時間も掛かる開かずの踏み切りだった。

総工費640億円だが、トンネル開通による渋滞緩和での経済効果は200億円/年と言われている。


練馬トンネル

井荻トンネルと連結されるトンネル。開通は2006(平成18)年5月28日12:00(@166)。

半地下式という難工事によって作られた。

接続する主な道路

起点〜笹目通りまで

笹目通り〜終点
経由する自治体
東京都
大田区世田谷区杉並区練馬区板橋区北区
全通

2006(平成18)年5月28日12:00(@166)に、南田中地区、北町・若木地区、各約2.2kmが開通し、もって環八は遂に全通した。元々は2005(平成17)年度末の本線交通開放目標だったが、少し遅れてしまった。

南田中地区
杉並区井草三丁目〜練馬区高松一丁目
北町・若木地区
練馬区北町四丁目〜板橋区相生町

この2区間は1994(平成6)年度から事業を開始した。幅員は25.0m〜44.5mで、車道は往復4車線、事業費は〆て約1,400億円とされる。

南田中地区は練馬トンネルで住宅街を抜けることになる。外回りは井荻トンネル内、内回りは地平で接続される。

リンク
道路の所属
東京都道
関連する用語
環八通り
関連する地名
世田谷区
杉並区
練馬区
板橋区
北区 (東京都)

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic