通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 天体 > 固有名詞 > 恒星 > 超巨星
自然科学 > 地学 > 天文学 > 天体 > 固有名詞 > 恒星 > 南天の星座
イータ・カリーナ
辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体名編 (USTLN)
読み:イータ-カリーナ
外語:Eta Carinae
品詞:固有名詞

りゅうこつ座の恒星で、大質量星同士の連星である。うち主星は高光度青色変光星(LBV)である。りゅうこつ座のη星(ηCar)。

目次
情報
基本情報
物理的情報
観測情報
主なカタログ番号
特徴
主星A

主星Aは、太陽系近傍では最も質量が大きな恒星と考えられている。

ただ非常に高密度の恒星風の存在があり、表面の観測ならびに定義が困難である。このため観測値にも大きな幅が存在するが、そこで半径60RSUNとした核を仮定し、表面とみなしている。

主星Aは高光度青色変光星(LBV)だが、あまりにも明るいことから、内部からのの放射圧が重力を超えてしまう限界「エディントン限界」を超える寸前であると考えられる。このためいずれ重力で恒星の膨張輻射圧を支えられなくなり、超新星または極超新星となり、恒星ブラックホールになると考えられている。

爆発増光

今のところ終焉を迎える超新星爆発は起こっていないが、同程度の規模の光を放つ爆発現象が数度観測されている。

18世紀に増光が観測され、19世紀前半に爆発増光し、1843(天保14)年に実視等級-0.8等になった時は、カノープスを抜いて全天でシリウスに次ぐ明るさとなった。

20世紀後半には8等級程度にまで大きく減光し肉眼で見えなくなった後、21世紀に入ってからは6等級程度に明るさを戻している。

散光星雲

この恒星の周囲にはイータ・カリーナ星雲(NGC 3372)と呼ばれる散光星雲が広がっている。

イータ・カリーナは、イータ・カリーナ星雲(NGC 3372)の中にあるトランプラー16という散開星団に属する恒星である。

リンク
関連するリンク
eta Car -- Emission-line Star @ SIMBAD
用語の所属
高光度天体
高光度青色変光星
りゅうこつ座
イータ・カリーナ星雲
関連する用語
ピストル星

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic