通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 医学 > 薬学 > 薬剤 > 成分・薬効分類 > 中枢神経用剤(11) > 抗不安剤・催眠鎮静剤(112) > ベンゾジアゼピン(BZP)系
ベンゾジアゼピン
辞書:科学用語の基礎知識 薬学・精神薬編 (BPHARM)
読み:ベンゾジアゼピン
外語:BZP: benzodiazepin
品詞:名詞

分子構造がベンゼン環+ジアゼピン環+アリール環から成り立つ物質のこと。

目次
概要

ベンゾジアゼピンは、脳の神経伝達物質の一つGABA(ギャバ)の働きを強め、もって中枢神経系の神経伝達を抑制する。

マイナートランキライザーの成分で、抗癲癇剤、催眠鎮静剤抗不安薬、自律神経薬などとして使われる。

特徴
安全性

ベンゾジアゼピンが発明される以前に使われて来たバルビツール酸系と比べると耐性は付きにくく、安全性も高い。しかし耐性形成は存在する。また、依存性が高い。

しかし死亡率も依存症も睡眠薬の中では比較的軽いので、一般に、病院へ行き「眠れない」と言うと、最初に処方される眠剤はこの系統である。

薬効薬理

GABA受容体にはベンゾジアゼピン系薬剤が結合するベンゾジアゼピン受容体があり、ここに薬物が結合する。

結合してギャバ受容体が活性化されると、抑制性神経が活性化され、眠たくなったり脱力感などの薬効が現われる。

効果と禁忌

どの成分にしても、効果は個体差があり、効きにくい場合もある。

また、一部にはアルコールとの併用で前方性健忘を起こすものがあるため、併用は推奨されていない。

主な薬剤

成分を主とし、主な製品名は()で併記する。

主な抗不安薬
主な催眠鎮静剤
関連する物質

関連する物質に、チエノジアゼピンなどがある。ベンゾジアゼピン系と混同されがちであるが、異なるものである。

リンク
用語の所属
抗不安薬
催眠鎮静剤
関連する用語
マイナートランキライザー
チエノジアゼピン
ベンゼン環
GABA

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic