通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 生物学 > 生物 > 種名 > 真核生物 > 動物界(後生動物) > 真正後生動物亜界 > 左右相称動物 > 新口動物上門 > 脊索動物門
ホモ・ハビリス
辞書:科学用語の基礎知識 生物名・動物編 (BBNA)
読み:ホモ-ハビリス
外語:Homo habilis
品詞:名詞

初めて現われた人類(ホモ属)の仲間。

目次
情報
分類
起源

およそ230〜140万年前に東アフリカ・南アフリカに生存していた。

元々は、現在ホモ・ルドルフェンシスと呼んでいるタイプと共にホモ・ハビリスと呼んだが、現在は別種とされている。両者のうち、体格が華奢な型がこのホモ・ハビリスである。

特徴

現在考えられている系統樹は次の通りである。

直接の後継に、ホモ・アンテセッサーとホモ・エルガステルが考えられている。

現代人類に繋がるのはこのうちのホモ・エルガステルであり、他の種は絶滅している。

リンク
用語の所属
ホモ属

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic