通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 化学 > 有機物 > > 官能基・骨格 > 脂質 > カルボキシル基(脂肪) > 脂肪酸 > 不飽和脂肪酸
リノール酸
辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・ビタミン編 (NSUBNV)
読み:リノールさん
外語:linoleic acid
品詞:名詞

有機酸(カルボン酸)の一つで、不飽和結合が2ヶ所(2価)の不飽和脂肪酸の一つ。n-6系不飽和脂肪酸である。

目次
情報
基本情報

炭素数18、不飽和結合2ヶ所を有する。

リノール酸
リノール酸

常温常圧では無色透明な粘性液体。

誘導体、関連物質の例
特徴

空気中で容易に酸化する。

安全性

法規制など

危険性

有害性

環境影響
食品
栄養面

ビタミン様作用物質の一つで、必須脂肪酸である。かつてはビタミンFとも呼ばれていた。同様の効果を持つものにα-リノレン酸アラキドン酸がある。

欠乏すると、湿疹、ニキビなどの皮膚病を発症するとされるが、欠乏症は実際には起こりにくいとも言われる。

摂取すれば、動脈にコレステロールが沈着するのを防ぐ、飽和脂肪を燃焼させるなどの働きがあるが、摂り過ぎると体内で代謝され、発がん性物質に変わったりし、また炎症を起こしたり、心筋梗塞などの生活習慣病になる危険性が高まる。また、摂取過多は肥満の原因ともなる。

代謝と生活習慣病

具体的にはリノール酸はγ-リノレン酸(GLA)を経てジホモ-γ-リノレン酸に変換される。ここから先は二系統の代謝経路がある。

一つはプロスタグランジン(PG1)に変換される経路、もう一部はアラキドン酸に変換される経路である。

アラキドン酸の代謝経路ではプロスタグランジン(PG2)やロイコトリエン4(LT4)、トロンボキサン(TX2)等の「エイコサノイド」に代謝される。これらエイコサノイドが過剰となると、生活習慣病を発症すると考えられている。

適正な摂取量

1日の摂取量は7g程度、1日の全摂取エネルギーの1%程度が目安である。

かつては動物性脂肪よりも健康に良いとされ摂取が勧められてきたが、何事も過ぎたるは及ばざるが如し、現在では積極的な摂取は否定されている。

植物油(コーン油、紅花油向日葵油(ひまわり油)、大豆油菜種油胡麻油等)、ピーナッツ、胡桃(くるみ)などに含有する。

リンク
用語の所属
ビタミン様作用物質
不飽和脂肪酸
n-6系不飽和脂肪酸
LA
関連する用語
α-リノレン酸
γ-リノレン酸
アラキドン酸
シス型
発がん性物質

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic